職種を絞って決めたアパレル業界での事務の仕事

私の仕事はアパレル系の会社での営業事務です。
元々アパレルに絞って求人を探していた訳でなく、事務職という職種を重視していました。
求人を探していて苦労した点は、事務職は募集している人数が少ない上に条件が良いと応募者が殺到してしまうことです。
1人の募集に対して応募者が100人など殺到してしまうと内定をもらうのが難しく、事務の経験者がいると経験のない私は不利でした。
今の会社に決めた理由は、どうせなら好きなことに関わる仕事がしたいと思ったからです。
洋服が好きだったので、今の会社の求人を見つけた時、応募してみることに決めました。
正社員で土日休みでボーナスがあり、年末年始など長期休みがあり大卒として普通の給料がもらえることを基準として、会社選びをしました。
入ってみると年間カレンダーで土曜日出社の日があったりなど全てが想像通りという訳ではありませんが、アパレル業界で事務の仕事をするのは楽しいので、この仕事を選んで良かったと思っています。

不動産会社に勤めています

わたしの仕事は不動産会社の経理事務です。大学を卒業してニートをしていたところ、母親に、「家でゴロゴロしているのならば出て行け」と言われたのがきっかけで職探しをしました。とにかく急がないといけない、ということと、いろいろ研究して探したところで、直属の上司や同僚などで嫌な人がいたら元も子もないということで、一番早く内定が出たところに決めようと思い、とらばーゆを買い、就職先を探しました。営業は嫌なので、事務で給料が良い順に面接をしていき、出会ったのが今の会社です。今の会社の面接はわたしが48人目だったらしいですが、とても気に入ってくれて、面接後すぐに、「社長面接がしたいから今からもう一度これないか?」との連絡をいただきました。その日は他の会社の面接があったので断ったのですが、後日面接をし、その場で採用と言われました。面接途中の他社で、すごく行きたい!気になる!という会社もなかったので、当初の予定通り最初に内定をもらった会社に入社しました。

私の仕事はシステムエンジニアです。

私の仕事は一口に言えばシステムエンジニアでプログラマーもやっています。
具体的に言うとファクトリーオートメーションという部類で、工場などの製造ラインの自動化,無人化を進めるための装置を設計開発しています。
お客さんの工場で物を作る上でどのような場所や工程を機械に任せたいのか、任せられるのかを一緒に検討して具体的な方法を提示するところから始まり、機械の設計や電気の仕組み、コンピューターの組み込みなどを行いますが、私の担当は主にコンピューターのプログラミングに関する部分です。
私の会社の製品は画像処理技術を用いて機械の位置調整をしたり、不良個所がないかを検査するもので、カメラを使用して画像を取り込みプログラムによって機械を動かしたり色々な判断を行います。
元々コンピューター関係の仕事に就きたいと思っていたので今の仕事はとてもやりがいがありますが、この分野の技術の進歩はめざましいものがありますので、常日頃勉強が必要です。

飲食チェーン店でのお仕事

私は全国チェーンの飲食店で仕事をしてもうすぐ2年になります。
この仕事を選んだ理由は、
娘を保育園に入れて仕事をしようとしていたので、
まずシフトが自分で決めれること(保育園の行事などがあるので日程を合わせたい)、
自宅&保育園から近いこと(送り迎えが大変になるから)、
飲食関係がよかったこと(料理の勉強がしたかった)の3つです。

今のお店に出会えるまで、なかなか自分の条件に合った職場が見つからず、
面接すらも受けずに悩んでいましたが、
求人広告を見て、すぐに面接に行き、その場で雇ってもらえました。
今思うとすごくラッキーだったと思います。

子供が病気だと休まないといけないし、土日なども主人が仕事だと出れません、などお店にとってマイナスな事も色々面接で話したのですが、
理解ある店長さんで、
「お子さんがいる方はみんなそうですよ。大丈夫です。頑張りましょう」と言ってくださいました。
今では子供もなかなか風邪を引かなくなり、仕事を休む事もなくなりました。
なので、これから店長にどんどん恩返ししていきたいと思っています。

毎日楽しく仕事に行けてます。建築業界求人・人材派遣・職業紹介 | NTTファシリティーズ総合研究所
この仕事に出会えて本当によかったです。
頑張ります!!。

介護福祉士として働いています

私は介護福祉士として介護の仕事をしています。小さな頃から高齢者に関わるような仕事がしたいなぁと思っていて、高校を卒業してから福祉の専門学校に通いました。卒業試験を受けて介護福祉士の資格をとりました。今は特別養護老人ホームで働いています。

介護士の募集は結構出ているので、資格を持っていれば比較的簡単に就職も出来ます。介護士のお給料は少なめなので、すぐに辞めてしまう人も多いのですが、人と接する仕事なのでやりがいを持って仕事をすることが出来ています。私は仕事をするのが楽しいなぁと感じています。

仕事内容は大変なときもあります。介助をするのが力仕事も多いので、体調を崩さないようにして気をつけています。利用者さんがありがとうなどと言ってくれるので、私も嬉しくなって仕事もやる気が出てきます。

私は夜勤もやっているのですが、夜勤手当がつくのでいいなぁと思いました。他にも資格手当もついたり、ボーナスもしっかりもらえるので助かっています。介護士の仕事は大変ですが、介護福祉士になって良かったと思っています。
建築業界求人・人材派遣・職業紹介 | NTTファシリティーズ総合研究所

しっかりとした研修、勤続した仕事が自分の糧になる

私はとある有名企業のお客様センターで受電業務をしています。
職種とすればコールセンターのテレフォンオペレーターという仕事です。
お客様に自社の製品をアピールしたりする架電専門のテレフォンアポインターという仕事もありますが、テレフォンオペレーターの方が、どんなお客様から電話がかかってくるかわかりませんし、どんな内容のお話がかかってくるかもわかりませんので、仕事としては複雑です。
私達は入社したらまず、電話の応対マナー、言葉遣い、電話対応用のビジネス用語などを徹底的に教え込まれます。
それが3か月ほど続きます。
自社で経験ある研修スタッフから教えられるのに加え、コールセンターの専門家を招いての講習も受けます。
お客様の応対をする前に、徹底的に同僚や(同期入社の人たち)研修スタッフを相手に電話応対の練習をします。
その後の3ヶ月は簡単な応対をこなしながら、自社のサービスや、お客様の問合せ別の対応法などを徹底的に学び、半年の研修を終えるとようやく独り立ちをすることができます。
辛い研修でしたが、その後5年間勤続することができているのも最初の研修と、その後も随時研修をしてもらっているおかげだと思っています。
たまに自分自身がお客様になり、他のコールセンターに電話をすると、その対応に疑問を感じることがありますが、これは自分がしっかりと会社から教えてもらったおかげだと思っています。
コールセンター業務というのは厳しい世界ですが、しっかりと研修を受け、勤続をすれば、今後仕事に困ることはないと思っています。